Loading...
ひとつの身体にふたつの人格をもち、その人格を、脳に埋め込まれたタイマーにより、12時間で切り替わるよう設定している「僕」=ジョナサン。もうひとりの『僕』=ジョンは、自分の知らない時間に、一体何をしているのか?ジョナサンの視点を通してスリリングに展開していき、やがて観る者の≪脳≫までをも翻弄していく『ジョナサン-ふたつの顔の男-』。 『ベイビー・ドライバー』で大ブレイクを果たし、スティーブン・スピルバークの新作で主演に抜擢されるなど今ハリウッドで最もホットな若手俳優のひとりである、アンセル・エルゴート主演最新作である本作は、2018年のトライベッカ映画祭で上映され、その知的で刺激的なストーリーとひとつの身体にふたつの人格をもつという複雑なキャラクターを巧みに演じたエルゴートの高い演技力に絶賛の声が相次いだ。共演に、人気モデルであり、女優としても活躍する『あと1センチの恋』のスーキー・ウォーターハウス、海外ドラマ『ホワイトカラー』の主人公ニール役で大ブレイクを果たしたマット・ボマー、『エイプリルの七面鳥』でアカデミー賞助演女優賞ノミネートをはじめ、数々の映画賞を受賞したパトリシア・クラークソン等実力派俳優が脇を固める。監督は、本作が長編映画デビューとなる新鋭ビル・オリバー。
規則正しい生活を送る内向的なジョナサン(アンセル・エルゴート)。毎朝7時に起きて、ランニングをし、パートタイムの仕事へ行く。一人で食事を取り、毎夜7時までには就寝する。なぜなら彼は、ひとつの身体にふたつの人格をもっているから。もうひとりは、ジョナサンとは正反対の性格の青年ジョンだ。
彼らは、ナリマン博士(パトリシア・クラークソン)の手により、脳内にタイマーを埋め込み、互いが12時間で切り替われるよう正確に設定していた。毎夜7時から午前7時までがジョンの時間だ。
嘘はつかない。なんでも話すことをルールとして挙げ、ビデオメッセージを通して日々の行動について、どんなに些細で取るに足らないようなことまでも逐一報告し合っていたふたり。他人との交流は最低限にとどめるなど、日々の生活は制限されてはいるものの、順調のように見えた。
しかし、ジョナサンが探偵のロス(マット・ボマー)を通じて、ジョンがエレナ(スーキー・ウォーターハウス)という女性と密かに交際にしていることが発覚したことをきっかけに、ふたりの歯車が狂い始めるー。

  • 1994年3月14日生まれ、アメリカ・ニューヨーク出身。芸術に特化したニューヨークの名門校ラガーディア高校在学中に、舞台「Regrets」での演技が絶賛され脚光を浴びる。その後、『ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界』(14)、『キャリー』(13)などに出演、『きっと、星のせいじゃない。』(14)では、ティーン・チョイス・アワードやMTVムービー・アワードなどを受賞。日本を含む世界中で大ヒットを記録した『ベイビー・ドライバー』(17)では、ゴールデングローブ賞の主演男優賞にノミネートされ、ハリウッド界のニュースターとして頭角を現す。待機作としては、ワーナー・ブラザースとアマゾン・スタジオによる、ピューリッツァー賞に輝いた小説「ゴールドフィンチ」の映画化で主演を務めるほか、スティーブン・スピルバーグが手掛けるリメイク版『ウエスト・サイド物語』で、主人公トニー役を務めることも決定している。また、俳優業に加え、歌手やDJ、音楽プロデューサーなどミュージシャンとしての顔をもち、ファーストシングル「Home Alone」(16)は、Spotifyのバイラルチャートで最高2位を獲得。また、プラダの男性用フレグランス「プラダ オム」のキャンペーンモデルとしても活躍している。
  • 1992年1月5日生まれ、イギリス・ロンドン出身。モデルとして、バーバリー、ローラメルシエなどをはじめとする数々のブランドのキャンペーンで世界中を旅した経験を持ち、2012年に女優業へ転向、『あと1センチの恋』(14)や『ダイバージェントNEO』(15)、『高慢と偏見とゾンビ』(16)などに出演。NETFLIX映画『マッドタウン』(16)では主演を務め、キアヌ・リーブス、ジェイソン・モモア、ジム・キャリーらと共演を果たし、その演技を絶賛される。その他、『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』(18)、『名探偵ピカチュウ』(19)などがある。
  • 1959年12月29日生まれ、アメリカ・ニューオリンズ出身。政治家のジャクリーン・クラークソンを母親にもつ。ニューヨークのフォーダム大学と名門イェール大学で演技を学び、ブライアン・デ・パルマ監督、ケビン・コスナー主演の『アンタッチャブル』(87)で、映画デビューを果たす。翌年にはクリント・イーストウッド主演の『ダーティハリー5』(88)に出演。多くの舞台にも出演し、その演技力を評価されるのと同時に映画界でも多様な役を演じ、『エデンより彼方に』(03)では、ニューヨーク映画批評家協会賞と全米批評家協会賞の助演女優賞を受賞、『エイプリルの七面鳥』(04)では、サンダンス映画祭の特別演技賞を受賞し、アカデミー賞助演女優賞にもノミネートされる。また、テレビシリーズ『シックス・フィート・アンダー』(01)では、エミー賞を2度受賞、HBOのミニシリーズ『KIZU―傷―』(18)では、翌年の第76回ゴールデングローブ賞で助演女優賞(シリーズ・リミテッドシリーズ・テレビ映画部門)を受賞。その他、『グリーンマイル』(00)、『それでも恋するバルセロナ』(09)、『人生万歳!』(10)などがある。
  • 1977年10月11日生まれ、アメリカ・ミズーリ—州出身。ピッツバーグにあるカーネギー・メロン大学で演劇を始める。舞台をきっかけに、テレビ初出演を果たし、テレビシリーズ「TRU CALLING トゥルー・コーリング」(03~04)で注目を集め、『フライトプラン』(05)でスクリーンデビュー。「CHUCK チャック」(07~09)に出演後、「ホワイトカラー“知的”犯罪ファイル」(09~14)で主演を務め大ブレイク。HBO 製作の映画『ノーマルハート』(14)では、翌年の第72回ゴールデングローブ賞最優秀助演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞。その他の映画出演作に『テキサス・チェーンソー ビギニング』(06)、「TIME/タイム」(11)などがある。