吉永一貴 プロフィール

吉永一貴の中学高校大学や記録!両親や叔母/兄弟姉妹は?彼女や結婚も

2022年2月に開幕する北京オリンピックで、スピードスケート・ショートトラック代表に選ばれた吉永一貴(よしなが かずき)さん。

前回の平昌オリンピックでは、ショートトラック男子で史上最年少の18歳で出場を果たし、2大会連続の出場に大きな期待が寄せられています。

弱冠22歳にして2度目のオリンピック出場を勝ち取った吉永一貴さんはいったいどんな方なんでしょうか?

今回は吉永一貴さんのプロフィール、中学・高校・大学などの出身校、スピードスケートの記録・成績のほか、両親(父母)、叔母、兄弟姉妹、さらに彼女や結婚の噂についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

吉永一貴(スピードスケート)のプロフィール!出身校(中学高校大学)や記録・成績は?

それではスピードスケート選手・吉永一貴さんのプロフィール、中学・高校・大学などの出身校、スピードスケートの記録・成績についてみていきましょう。

吉永一貴(よしながかずき)のプロフィール


・名前:吉永一貴(よしながかずき)
・生年月日:1999年7月31日
・血液型:A型
・身長:173㎝
・出身:愛知県

吉永一貴(よしながかずき)の出身校(中学高校大学)

・小学校:尾張旭市立白凰小学校
・中学校:名古屋経済大学 市邨中学校
・高校:名古屋経済大学 市邨高等学校
・大学:中京大学

吉永一貴さんが通っていた名古屋経済大学市邨中学・高校は中高一貫校で、内部進学で高校へ進みました。

吉永一貴(よしながかずき)のスピードスケートの記録・成績

・小学3年生:スケートを始める

・2016年1月:史上最年少で全日本選手権優勝

・2016年冬:リレハンメル2016冬季ユースオリンピックに日本代表で出場。男子500mで銀メダル獲得

・2017年12月:全日本選手権出場。1500mでは2位、500m・3000mでは見事金メダル獲得。
       2度目の全日本選手権優勝を達成し、平昌オリンピック出場を勝ち取る。

・2018年2月:平昌オリンピックのショートトラック男子に史上最年少の18歳で出場

・2018年11月;ワールドカップ開幕戦(カナダ)出場 1500mで優勝

・2020/2021シーズンは新型コロナウイルスの影響により国際大会への出場停止

スポンサーリンク

吉永一貴(スピードスケート)の両親(父母)や叔母/兄弟姉妹は?彼女や結婚も


スピードスケート選手・吉永一貴さんのご両親(父母)や叔母、兄弟姉妹についてのご紹介と、彼女や結婚の噂について調査しました!

吉永一貴(よしながかずき)の両親(父母)や叔母、兄弟姉妹

お父様や兄弟姉妹についての情報は出てきませんでしたが、なんとお母様は元スピードスケート選手、「加藤美佳」さんです!(現在は吉永美佳)。

加藤美佳さんの競技成績はこちら↓↓↓
・1980年全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会優勝
・1980年ISUショートトラック選手権 総合2位
・1981年全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会 優勝
・1982年全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会 優勝
・1982年世界ショートトラックスピードスケート選手権大会 総合4位
・1983年世界ショートトラックスピードスケート選手権大会 総合3位

そしてお母様だけでなく、お母様の実妹(吉永一貴さんの叔母)の
加藤 美善(かとう みよし)さんも元スピードスケート選手なんです!

吉永一貴さんのお母様と叔母様が元スピードスケート選手であることから、吉永さんはスケート界のサラブレットとも呼ばれているそうです。

吉永一貴(よしながかずき)の彼女や結婚は?

調べてみたところ、吉永一貴さんの彼女や結婚といった情報は出てきませんでした。

まだ22歳とお若いですし、これから素敵な方との出会いがあるといいですね。

パンデミックの影響により大会が中止になったり、思うように練習が出来なかったりといった数々の困難を乗り越えてきた吉永さん。北京オリンピックでは、その悔しさをぶつけて欲しいですね!

以上、吉永一貴さんのプロフィール、中学・高校・大学などの出身校、スピードスケートの記録・成績のほか、両親(父母)、叔母、兄弟姉妹、さらに彼女や結婚についてご紹介しました。

スポンサーリンク
吉永一貴 プロフィール
最新情報をチェックしよう!